向き不向きは自分次第

環境事業部

2018年入社

新卒採用

大和 太郎

先輩への質問

INTERVIEW

入社のきっかけは?

大学時代を県外で過ごし、ゆくゆくは地元徳島で仕事をしたいと考えていました。公務員を目指していた時期もありましたが、先輩や知人と話す中で「環境系のコンサルタント」に興味を持ち始めた自分と環境防災がマッチングしました。この会社に同じ大学の先輩がいたこと、インターン制度での1日体験により会社の雰囲気を肌で感じられたことが、この会社への入社を後押ししてくれたと思います。

入社前と入社後のイメージは?

入社前のイメージがフィールド作業が主体であったのに対し、入社後は専門性の高い室内分析作業の割合が高いこと、分析メニューの多さに驚きました。入社後2年が過ぎますが、まだまだ身につけなければならない知識や技術は山ほどあり、その奥の深さを痛感しています。フィールドだけでなく、室内分析のスキルも今後積極的に磨いていきたいと考えています。

仕事のおもしろさややりがいは?

様々な現場で感じる、普段意識しない「こんな現場がある」「こんな仕事もある」という感覚は私だけではないと思います。土壌や水質などの分析系フィールドだけでなく、騒音・振動、大気調査も奥が深いです。やりがいを感じるのは、担当業務で自分が作成した成果品を発注者に提出するときです。その分責任も大きいですが、業務一連のプロセスに関わり、最後までやり遂げたときの達成感はクセになります。

メッセージ

MESSAGE

入社を検討中のみなさんへ

最近では、企業のインターン制度が一般化・充実していると感じます。人には向き不向きがあり、自分に何があっているのか、やっていて何が楽しいかなど、明確な将来像を描けている人は一部だと思います。逸れた道が正解になることもあると思います。あまり考えすぎずにインターン制度などを存分に活用し、その会社でどんな仕事をどのようにするのかを知り、今の自分にできる判断を信じて就職活動に取り組んでもらえればと思います。

先輩の声

INTERVIEW

先輩の業務の紹介、経歴など質問形式で
ご紹介しています。