地域への貢献を実感

環境事業部

2019年入社

Uターン / 中途入社

梶本 裕樹

先輩への質問

INTERVIEW

入社のきっかけは?

大学から就職10年目までを東京で過ごし、地元に残した両親のことを考えUターンを決めました。それまで培ってきた機器分析のスキルを活かしながら、地域に貢献できる仕事がしたいと考えていた時、環境防災にめぐり合うことができました。今思えば、環境防災への入社は偶然ではなく必然であったような気がしています。

入社前と入社後のイメージは?

環境防災が前職と同じ計量証明事業所だったこともあり、面接時に聞いていたとおり、仕事内容については入社前後のイメージに大きな違いはなく、スムーズに仕事に取り組むことができました。最も強く感じたのは、一緒に働く人たちのひたむきに仕事に取り組むプロ意識が高いことであり、今後見習っていきたいと考えています。

仕事のおもしろさややりがいは?

いろいろありますが、中でも、これまであまり経験のなかった地域の人や自然とふれあえる様々なフィールド作業は特に新鮮ですし、地域に貢献していると感じる瞬間でもあります。また、経験の少ない難しい仕事を予定どおりこなすなど、少し高めの壁を乗り越えたときの達成感は爽快です。これまでの良い経験も悪い経験も、何ひとつ無駄でなかったこと実感しています。

メッセージ

MESSAGE

入社を検討中のみなさんへ

住む環境を変えることには勇気が伴います。特に都市部から地方への環境変化に関しては、仕事があるのかどうかなど。ただ、Uターン経験者だから言えることは、自分さえ磨き続けていれば必ず仕事は見つかります。地方の受入れ体制も今は整っていると感じますし、生まれ育った地元ということであれば、過度に不安がらず、楽観的に考えてもいいのではないかと私は思っています。大丈夫です。すぐに馴染めます。

先輩の声

INTERVIEW

先輩の業務の紹介、経歴など質問形式で
ご紹介しています。